3月8日(木) 義経大分県土連会長と有瀬宇佐土地改良区理事長にご案内いただき、宇佐神宮へ参拝してまいりました。(大分)

 

3月8日(木)
義経大分県土連会長と有瀬宇佐土地改良区理事長にご案内いただき、宇佐神宮へ参拝してまいりました。

宇佐神宮は全国に4万社あまりある八幡様の総本宮で、皇室も伊勢の神宮につぐ第二の宗廟(そうびょう)として御崇敬になっています。皆さんもご存知のように和気清麻呂の故事でも有名ですね。
2年前、進藤かねひこさんも参拝されていると伺い、普段は入ることの出来ない正殿で、身の引き締まる思いで参拝させていただきました。

身の引き締まる思いで、祈願


大楠の「御神木」に強力なパワーを戴く

3月8日は朝から宇佐市の土地改良建設研究会、院内土地改良区、安心院土地改良区をお伺いし、わたくしの「7つのチャレンジ」の話をさせていただたところで、宇佐神宮にはその途中で参拝させていただいたものです。
参加された方々からは「口蹄疫や大災害時等、自衛隊や消防等が活動する前に建設業者が動いていることが報道されず、理解されていない」「基盤整備等の補助事業や農業者が環境を守っていること等に対して国民の理解が足りない」などの声を頂戴し、わたくしもそれらに対して戦ってまいりたいとの思いを、一層、強くいたしました。
その後、大分市内で「おおいた水土里ネット女性の会(仮称)」の設立準備会に出席させていただきました。わたくしの「7つのチャレンジ」にもありますが、土地改良分野における女性の発想力や能力を活かした一層のご活躍を願うしだいであります。
さらに、「土地改良事業団体連合会 九州協議会」の会長会議にも出席させていただき、九州沖縄の連合会関係者と意見交換をさせていただきました。本当に濃密で有意義な一日でした。


女性の会の方々、義経会長を囲んで記念撮影