7月7日 鹿児島県の皆さん 大変暑い中、ご声援ありがとうございました(鹿児島)


7月7日 鹿児島県の皆さん 大変暑い中、ご声援ありがとうございました。
 今日の鹿児島は一昨日までの豪雨からうって変わって晴天でした。
 JR出水駅前をスタートに、日置市伊集院町、指宿市、鹿屋市、霧島市隼人町で街頭演説をさせていただきました。道中、指宿市のある薩摩半島からから鹿屋市のある大隅半島までは街宣車と一緒に垂水フェリーで渡りました。今日の桜島は水蒸気で霞んでいました。
 街頭演説には、森山裕元農水大臣をはじめ、宮路琢磨衆議院議員、金子万寿夫衆議院議員が、また川添長島町長、日高さつま町長、本坊南さつま市長、東大崎町長、永野肝付町長、宮路日置市長、中重霧島市長さんたち、堀之内県議、田畑県議、伊藤県議、吉留県議、酒匂県議、田之上県議など多くの県会議員の先生方が応援に駆けつけていただきました。
 私、宮崎まさおへの応援演説の中では、日置市長から「先日、NHKニュースで串木野市内で水没の映像がながされましたが、そこは水田で、次の日の朝には水がひいてました。そしてその後の晴天で稲は元気を取り戻しています。この地域は今年3月に土地改良事業が完了したばかりの所で、まさに土地改良のお陰です。」との事業効果の披露がありました。また、森山元農水大臣からは「農業とりわけこれからのIoT農業の推進のためには基盤整備が不可欠」と熱くお話いただきました。
 安全安心な農業の実現、日本の農業農村の未来のために頑張らなければならないと改めて強く思いました。