1月18日 第204回国会(常会)が開会

第204回国会が召集され、進藤金日子参議院議員と共に元気に登院しました。
今国会では、新型コロナウイルスの感染拡大防止に万全を期すとともに、ポストコロナを見据えた令和2年度第3次補正予算、令和3年度当初予算や提出予定法案の早期成立に努力して参ります。

 

1月13日 WEBで皆様方にご挨拶、緊急事態宣言拡大

皆様方のところへ新年の挨拶に伺うべきところですが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため失礼ながらWEBを通じて皆様方にご挨拶させて頂いています。一日も早い収束を願うとともに、落ち着きましたら皆様方の元にお邪魔したいと考えています。
緊急事態宣言が7府県にも発令されました。発令に先立ち、夕刻、参議院議院運営委員会が開会され、西村大臣から発令区域拡大についての説明があり、質疑を行いました。
皆さんには何かとご不便をおかけしますが、感染拡大防止には今が大切な時期です。ともに頑張っていきましょう。

  

  

1月7日 緊急事態宣言が発出される

新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、関東地方の一都三県に対し緊急事態宣言の発令がなされました。
発令に先立ち参議院で開催された議院運営委員会に私も出席し、西村大臣からの報告を受けた後、各党からの質疑を行いました。
皆様方にはご不便をおかけしますが、感染拡大防止に向け皆さんのご理解とご協力をよろしくお願いします。

 

 

12月21日 滋賀県下を訪問

 琵琶湖干拓により造成された排水機場など、老朽化した施設等を視察させていただき、関係の皆さんとも意見交換させていただきました。干拓地ならではの課題など大変なご苦労がありますが、現地の皆さんとともに課題解決に向け努力していきます。
   

 

12月21日 令和3年度予算政府原案が閣議決定

財政事情が厳しい中、新型コロナウイルス感染症対策をはじめ「ウィズコロナ」、「ポストコロナ」の時代を見据えた各般の対策を講じるための当初予算の政府原案が決定しました。今後、15日に閣議決定した令和2年度3次補正予算と併せ、年明けから始まる通常国会での早期成立に向け頑張って参ります。

 

 

12月8日 農林水産委員会に出席、水産関係予算の財務省要請

参議院農林水産委員会が開会(閉会中審査)され、畜産物等の価格安定等について質疑を行い、決議案を採択しました。畜産物価格も山場です。
党内の各種の会議に出席した後、水産関係予算の確保について財務省主計局に申入れを行いました。
  

12月4日 臨時国会が実質閉会、資源エネルギーに関する調査会の理事を拝命

 本日、各委員会・本会議で会期末処理を行い、12月5日(土)までを会期とする第203回国会(臨時会)が実質的に閉会しました。農林水産業に関する法案は、種苗法一部改正法案、水産流通適正化法案、日英EPAなどが可決承認されました。
 資源エネルーに関する調査会では、理事を拝命しました。重責ですがしっかりと職責を果たしていきたいと思います。
 政調全体会議が開催され、3次補正の経済対策案が示され議論しました。いよいよ本予算、補正予算が大詰めになっています。

12月1日 参議院農林水産委員会で質問、国会も終盤戦に

 参議院農林水産委員会で、種苗法一部改正法案について野上農林水産大臣等に質問を行いました(詳細は、活動報告:国会質問を参照して下さい。)。
 会期末に向け本会議や各委員会が目白押しとなっていますが、しっかりと対応して参ります。また、年末の予算に向け自民党内の会議もフル回転となってきましたが、皆様方の要望等を踏まえ対応して参ります。

11月23日 兵庫県下を訪問

 小野市で開催された東条川疎水ネットワーク博物館会議総会にお招きいただき、ご挨拶させていただきました。東条川疎水は、山田錦の産地を支える大切な農業用水で、本会議の皆さんをはじめ地域で次世代のために水の恵みを活かす活動を行っておられます。その後、吉川土地改良区の皆さん、私の故郷の神戸市北区のいちご農家や神戸市議会坊先生他皆さんと意見交換させていただきました。
   

11月20日「農業農村整備の集い」に全国各地の皆さんが参集

 コロナ禍にもかかわらず、土地改良予算の十分な確保に向け全国各地から多くの土地改良関係者が「農業農村整備の集い」に駆けつけました。多くの国会議員の先生方にも参加いただき、予算確保等に向けた要請書を採択しました。集い終了後、関係国会議員・省庁等への要請活動が展開されましたが、私も農林水産副大臣への要請に参加しました。
 
   要請書