•  
    農地や水を守るため、多くの人々による共同活動が展開されていますが、様々な課題が山積みしています。
  •  
    中でも、農地や水路等は、全国約4,300の土地改良区が中心となって守っていますが、農業経営の多様化への対応や減災・防災に資する施設操作などの高度な技術が求められる一方で、職員の高齢化や人員不足、組合員の費用負担などが課題になっています。
  •  
    このため、農地や農業用水路等の多面的な機能に着目した多様な関係者の参画促進などを含め、管理体制の強化や制度の充実に引き続き取り組んでいきます。

→チャレンジ4

    PAGE TOP